用意すべきもの

物件見学をするときには心構えだけでなく服装にも気をつけましょう。ドレスコードがあるわけではありませんが、出来るだけ動きやすい格好をしておくのが無難です。何故なら、隅々まで物件を見て回る必要があるので、床下を屈んで覗いたり、高いところにある棚を開いたりしなければいけないからです。そのため、女性はスカートで行かずパンツスタイルで望むようにしましょう。また、見学をする際にはスリッパを用意してくれると思いますが、素足で行くのは厳禁です。必ず靴下を履きましょう。

一戸建ての見学をするにあたって、間取り図は必ず持っていくようにしましょう。間取り図はその住宅の説明書のような存在です。それと照らし合わせて考えていけば手持ちの家具が部屋に入るかどうかが分かります。さらに、メジャーやコンパスを持っていくことによって、よりその詳細が分かりやすくなるのです。

このように、細部まで見て回るようにしなければいけないのは、その住宅の精巧さを調べるというのはもちろんのこと、今感じている気持ちが「何となく」のものではななく、きちんとした原因があることを突き止めるためです。しっかりと物件見学をするためにも持ち物は整えておきましょう。


トップページ広い環境が魅力お金の面について気をつけるべきこと借地権付き建物について物件見学の心構え用意すべきもの見るべきポイントリンク集サイトマップ

Copyright © 一戸建て住宅購入時にはここを見ろ!, All rights reserved.