借地権付き建物について

一戸建て住宅は更地の土地を購入してそこから家を建てる注文住宅と、土地と建物がセットになっている建売住宅・中古住宅の2種類が存在します。どちらも一戸建て住宅という点では一緒なので大した違いが無いと思う人もいるかもしれませんが、ここには土地の権利問題という大きな壁が立ち塞がることがあります。

なかでも借地権付き建物というのが特徴的です。この借地権とは地主から家などを建てるという目的で土地を借りているということを指しています。この場合、土地自体は借地となっていますが建物は所有者のものとなります。このように、同じ一戸建て住宅でありながら、それぞれに違う権利者がいるということが借地権付き建物の特徴なのです。

では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。第一に挙げられるのが価格設定です。こちらは土地を購入するというわけではないのでお手頃です。権利金や保証金が初期費用としてかかりますが、土地と建物を合わせれば6割から8割ほどの金額で手に入れられます。また、登録免許税や不動産取得税、固定資産税がかからないことも魅力です。しかし、地主にはしっかりと土地代を払わなければいけませんし、更新料も発生するので気を付けましょう。


トップページ広い環境が魅力お金の面について気をつけるべきこと借地権付き建物について物件見学の心構え用意すべきもの見るべきポイントリンク集サイトマップ

Copyright © 一戸建て住宅購入時にはここを見ろ!, All rights reserved.