お金の面について

一戸建て住宅は住宅としての価値だけではなく資産として残すことも可能です。確かに築年数が古くなっていけば建物自体の価値は下がっていきます。しかし、土地は経年劣化することがないため、持っているだけで資産として有益だとも言われているのです。古さを理由にして土地が下がるということはまずありません。むしろ、周辺の土地が再開発されていくことによって地価が上昇する可能性もあります。

一戸建て住宅を持つ際には資産価値に注目することが大切です。すぐさま売る予定がなくても、ずっと持ち続けていることによって子供に財産として残すことができます。もちろん、マンションも財産として残しておくことは可能ですが、いらなくなった時に更地にすることができません。また、土地を担保にして老後のための資金を借り入れるということも原則的には一戸建て住宅だけしか認められていないのです。

また、マンションにある管理費や修繕積立金を納めることがないということも特徴として挙げられるでしょう。これにはメリットデメリットがあり、メリットは毎月のランニングコストが軽減するという点、デメリットはメンテナンスを自分の手で行わなければいけないということです。これを踏まえておくようにしましょう。


トップページ広い環境が魅力お金の面について気をつけるべきこと借地権付き建物について物件見学の心構え用意すべきもの見るべきポイントリンク集サイトマップ

Copyright © 一戸建て住宅購入時にはここを見ろ!, All rights reserved.